けろの漫画雑談所

漫画の感想・考察・妄想の集積所です。主にジャンプ作品についてだらだらと語ります。

BLEACH

【考察】BLEACHアニメの"書き下ろし巻頭歌"の意味ー志波空鶴編ー【BLEACH】

ども、けろです。 あまりに怒涛の情報量がお出しされて全てのオタクの脳が焼かれたアニメBLEACH・千年血戦篇第7話。観ていない方は今すぐ観てください。BLEACHを知らないよ、という方は今すぐ74巻読んでください。 kero-entame-channel.hatenablog.com とい…

【感想】BLEACH千年血戦篇・アニメ第7話のオリジナル要素がヤバすぎた話【BLEACH】

ども、けろです。 月曜が最近の楽しみ、というのは前回の記事でもお伝えしましたが、BLEACHのアニメの展開とクオリティがいよいよとんでもないことになってきました。 というわけで今回は、BLEACH千年血戦篇・アニメ第7話で突如としてお届けされ、視聴者の脳…

【考察】BLEACHアニメの"書き下ろし巻頭歌"の意味ー雀部長次郎忠息編ー【BLEACH】

ども、けろです。 唐突ですが皆さんは「月曜日」と聞いてどんな気分になりますか。 僕は例に漏れず「一週間の始まり」という割とどんよりめな気分になりながら出社する曜日なんですが、そんな僕も最近は月曜日が楽しみで仕方ありません。 そう、BLEACHのアニ…

【考察】BLEACHアニメの"書き下ろし巻頭歌"の意味ー日番谷冬獅郎編ー【BLEACH】

ども、けろです。 BLEACHアニメ・千年血戦篇も早いものでもう3話目ですね。僕は毎話毎話鳥肌まみれで感動に打ち震えているんですが、皆さんはいかがでしょうか。10年越しに現代の作画技術で蘇ったBLEACHの世界観が本当に凄まじくて、感動以外の言葉がありま…

【感想】BLEACH千年血戦篇主題歌・"スカー/キタニタツヤ"が最高すぎる【BLEACH】

ども、けろです。 先週から10年の歳月を経て遂に放送が始まったBLEACH千年血戦篇のアニメ、皆さんは観ていますか。ちなみに僕は第1話開幕数秒で泣きました(ガチ) そんなアニメBLEACH最終章、主題歌を歌い上げるのはBLEACH20周年を記念して開催された原画展…

【感想】BLEACHの高精細複製原画がとにかくヤバかった話【BLEACH/BLEACH EX.】

ども、けろです。 昨年12月から今年の1月にかけて東京は渋谷ヒカリエで開催され大盛況だったBLEACH原画展、皆さんは行きましたか。 実は東京で開催された直後、大阪での開催も決定し、現在は4月18日まで大阪の大丸ミュージアムにて原画展が開催中です。関西…

【ルポ】BLEACH初の原画展に行ってきた【BLEACH EX.】

ども、けろです。 僕は普段冬眠中のクマの如く家に引きこもって外に出ない極度のインドアです。もちろん(数少ない)友人との付き合いで外で遊ぶこともありますが、基本的に何かしらの予定がない限りほぼ家にこもっています。人混みが苦手というのと、予定を詰…

【考察】BLEACH原画展主題歌・"Rapport / キタニタツヤ"の歌詞の意味を考える【BLEACH】

ども、けろです。 皆さんはBLEACH20周年記念原画展・BLEACH EX.をご存知でしょうか。 僕は気合いと運となけなしのお金を使ってなんとか原画展のチケットを当てることに成功し、今から楽しみで交感神経がやばいことになっています。 さて、そんなBLEACH原画展…

【考察】草鹿やちるの正体は、更木剣八の"力の核"である【BLEACH】

ども、けろです。 徐々に更新頻度を上げていきたいBLEACH考察記事、前回はややニッチな「地下監獄」でしたので、今回はメジャーな題材をトピックにしようと思います。 作中で最強キャラの一角である十一番隊隊長・更木剣八。その力の正体は未だ明かされてお…

【考察】謎多き「地下監獄」のモチーフについて【BLEACH】

ども、けろです。 タイトルを見ての通り、今回はいつもの呪術廻戦ではなくBLEACHを取り上げます。というのも僕が漫画にハマる初期衝動は久保先生のBLEACHで、今も昔もBLEACHに狂っています。 ただ、ずっと狂っているせいもあって、「今ブログを書くとして、…

【考察】虎杖悠仁の主人公像とBLEACH主人公・黒崎一護の符号【呪術廻戦/BLEACH】

ども、けろです。 遂に2月も終わりですね。ここまで毎日更新を続けられてよかったなぁと思ってます。といってもこれは今後も可能な限り続けていこうと思うので、とりあえず3月もこのペースで頑張っていきます。 さて、今回のテーマとして取り上げるのは、本…

【考察】スノーホワイト=氷輪丸ではない【BLEACH/BURN THE WITCH】

ども、けろです。 先日に引き続き久保帯人作品についての考察をやっていこうと思います。 といっても考察の元ネタ自体は既にインターネッツに漂っていたもので、それに関する所感というか、個人的にそれは違くね?と思うことについて綴っていきます。 既に著…